金杯・フェアリーステークスの振り返り

どうも北条です。

さて、今年から予想というよりはデータの公開みたいな感じにしましたが、
予想の参考になったでしょうか。

先週は3つレースのデータを公開しましたので、
一つずつ振り返っていきましょう。

まずは金杯。

過去のデータから見て、
中山は順当に決まる傾向が強く、京都は荒れる傾向が強く出ていました。

結果がこちら↓

【 中山金杯 】

1着:03番 ツクバアズマオー(指数1位)
2着:02番 クラリティスカイ(指数2位)
3着:01番 シャイニープリンス(指数5位)

【 京都金杯 】

1着:06番 エアスピネル(指数3位)
2着:01番 ブラックスピネル(指数9位)
3着:05番 フィエロ(指数1位)

指数を見る限り、大体傾向通りに決まっています。
中山であれば上位3着までが指数上位6頭で決まっていますので、
比較的、的中させやすかったのではないでしょうか。

また京都に関しても、
指数9位が2着に食い込むなど、こちらも予想通り指数下位馬が絡んできました。
ただ人気的に高額配当にはならなかったですけどね・・・。

また日曜日に予想したフェアリーステークスでも、
大体傾向通りでした。

【 フェアリーステークス 】

1着:15番 ライジングリーズン(指数10位)
2着:03番 アエロリット(指数3位)
3着:08番 モリトシラユリ(指数5位)

荒れてます。

一昨年の2015年も指数10位が1着ですが、
それでも指数10位を1着に入れるのは勇気が要ります。

直近5年(5レース)で3レースは40万馬券以上になっているレースですから、
もはや狙いに行くというより、
これは運に任せてギャンブルとして馬券を買ったほうが楽しめるかもしれません・・・。

おそらく私の予想なら外していたでしょう。
というわけで、
予想して買い目を公開するのではなく、データでの公開になりましたが、
いかがだったでしょうか?

個人的には私が予想して買い目という答えを公開するよりも、
あえてデータという予想するための参考材料だけを公開するほうが、
結果的に的中しやすくなると思います。

特にフェアリーステークスなんかいい例だと思いますが、
もしこのレース私が予想してたら90%外している自信があります。

それって、私の予想を参考にした方全てが外すということなので、
それならある程度自由に予想してもらったほうが、
みんな予想も楽しめますし、
実際にフェアリーステークス的中させている会員様もちらほらいました。

今週末は京都で開催される日経新春杯(G2)のデータを公開する予定なので、
あなたが予想に必要なデータがあればメールで教えてください!

用意出来る範囲で調べます!

それでは今日はこのへんで。
以上、北条でした!