スプリングステークスの振り返り

どうも北条です。

過去の傾向から堅いと思っていたレースですが、
結果は順当とまでは言えずやや荒れました。

まずは結果を見てみましょう。

【  スプリングステークス 】

1着:10番 ウインブライト(指数4位)
2着:08番 アウトライアーズ(指数4位)
3着:07番 プラチナヴォイス(指数7位)

人気順だと
5番人気→2番人気→6番人気です。

過去10年で5番人気の勝率は10%
6番人気の3着内率は20%

更に言えば2番人気も実は連対率で10%と非常に低いです。

全く来ないわけではありませんでしたが、
過去のデータからは予測しづらい結果になりました。

しかも、

過去10年間で3着内率100%の1番人気はまさかの4着。

確率の問題ではありますが、
なかなかイレギュラーでした。

ただ、そんな中でも的中したものもあります。

指数順位4位 08番 アウトライアーズ
指数順位4位 10番 ウインブライト

過去3年間のスプリングステークスでは
指数順位4位までの馬で全て決まっており、
今回も指数4位の2頭が馬券に絡みました。

1、2着で決まっているので、
馬単までなら的中した方も多いはず・・・。

07番 プラチナヴォイス(指数7位)
この馬だけは予想出来なかった・・・。

ブッチギリの1番人気を抑えてこの馬が好走する条件が何かあったのでしょう。
次回の予想に活かしたいと思います。

それでは今日はこのへんで。
以上、北条でした!