コラボシミュレーターのデータ検証

どうも北条です。

いつもなら平日のブログでは指数のデータを更新しているんですが、

今現在、うまコラボのコンテンツの一つである

コラボシミュレーターバージョンアップを終えたこともありますので、

本日はこのコラボシミュレーターについてお話したいと思います。

どんなことが出来るのか?

どう操作するのか?

どんなデータを調べることが出来るのか?

などなどをこのブログでご紹介していきます。

コラボシミュレーター

まずコラボシミュレーターというものを簡単にまとめると

過去のデータを使って、

こんなレースで、こんな買い方をすると、

こんな結果になっている。

そんなデータを調べることが出来ます。

例えば・・・

⦿ レースを重賞に絞って、三連単の指数上位4頭BOXで買ったら、

  過去のレースではどのくらい的中、回収出来ているのか?

⦿ レースを牝馬限定に絞って、指数順位1位を単勝で買い続けると

  過去のレースではどのくらい的中、回収出来ているのか?

⦿ 指数値4かつ1番人気の馬がいるレースで、馬連の指数1位を軸に上位4頭に流したら

  過去のレースではどのくらい的中、回収出来ているのか?

こんな風にかなり細かく調べることが出来ます。

レースを指定する
買い方を指定する
過去の結果はこんな結果だった。

この3ステップで完結です。

では、実際に操作画像を見て頂きましょう。

こちらがレースの条件を指定する画面です。

11

ちょっと細かいので見にくいですが、

いくつも項目が並んでいますので絞りたい項目にチェックして

レースの条件を絞っていきます。

例えば、

■重賞を調べたかったら【全重賞】にチェックを入れる。

■指数値4がいるレースを調べたかったら

 【指数順位1位の指数値の範囲】を4~4に指定する。

■指数順位1位であり1番人気がいるレースを調べたければ、

 【指数順位1位の人気範囲】を1~1に指定する。

■全レースを調べたい場合は何も指定なし

こんな感じで調べたいレースを絞っていきます。

レースが絞り終わったら次は買い方を決めていきます。

12

ここで買い方を決めます。

選べる券種は

【単勝】【複勝】【枠連】【ワイド】【馬連】【馬単】【三連複】【三連単】

それぞれ

【1点】【複数点】【ながし】【BOX】【フォーメーション】【マルチ】

と豊富に買い方を指定することが出来ます。

※【ながし】【フォーメーション】【マルチ】は今回のバージョンアップで追加されました。

券種、買い方を決めたら次にどの馬を指定するかですが、

上の画像で馬条件①~⑤まであるのが分かると思います。

馬条件①②では1頭指定できる
馬条件③④⑤では複数頭指定できる

この①~⑤を組み合わせて馬を指定するイメージです。

例1

三連単で指数順位1位を軸に、指数順位2~5までの4頭にながしたい。

この場合まず、軸となる1頭を決めるので

馬条件①もしくは②で指数順位1位の馬を指定します。

次に相手となる複数の馬を決めるために

馬条件③もしくは④⑤で指数順位2~5までの馬を指定します。

つまり馬条件①(②)で指定した馬から馬条件③(④⑤)で指定した馬にながす

といった操作になります。

例2

三連単を指数上位4頭BOXで、その中の1頭だけ指数順位1位かつ指数値4の馬を入れたい。

ただのBOXであれば馬条件③(④⑤)から複数頭選ぶだけでいいですが、

その中の1頭だけ条件を変えたいといった場合は、

馬条件①(②)で特定の1頭の条件を指定あげれば、

細かく条件を絞ったBOXを選ぶことが出来ます。

たぶん実際に操作しながらじゃないと、

何言ってるか分かりづらいかもしれません・・・・が、

【とにかく色々と細かい買い方を指定してデータを調べられる】

これが伝わればOKです。

もし実際操作して分からなかったらお電話ください。

直接説明します。

では最後に、

どんなデータが分かるのかをお話しましょう。

ではレースと買い方を選んでどんなことが分かるのか、

例を使って見ていきましょう。

レース条件

【500万・1600万・オープン】で【指数順位1が指数値4】のレース

買い方条件

【馬単】【軸が指数順位1位】【相手が指数順位2・3・7・8位】のマルチ8点

この条件で過去のレースデータを見ていきたいと思います。

まずレース選び

【500万・1600万・オープン】で【指数順位1が指数値4】

条件になるので指定します。

1

ここと

2

ここ

次に買い方。

3

券種と買い方を指定して

4

馬条件①で軸になる1頭を指定して、

5

馬条件③で相手になる複数頭を指定。

こんな具合で条件を指定します。

で、結果がこちら

6

対象になった過去のレース全ての詳細が一覧で出ます。

※長いので一部抜粋

こちらがデータのまとめですね。

7

これを見ると回収率が103.3%となりますので、

長期的に買うと回収できる可能性が高い買い方ということが分かりました。

こんな風に過去のレースからデータを検証して、

回収率、的中率の高い傾向の買い方を見つけることで、

あなたの買う馬券の信頼性が上がり、勝ちやすい買い方だけを選別することが出来ます。

更に今回のバージョンアップでは

こんな機能が追加されています。

8

☑ 指定した条件の保存

よく指定する条件を3つまで保存することが出来ますので、
素早く目的のデータを調べることが出来ます。

☑ 検証データのダウンロード機能

検証データを更に詳しく調べたい時、ファイルに残したい時に、
検証結果をCSV、テキストファイルでダウンロードすることが出来ます。

☑ 買い方を追加

バージョンアップ版では各券種に、
流し、マルチ、フォーメーションでの買い方を追加しました。

☑ より詳細な検証結果

シミュレーターで指定した条件での結果
「該当レース数」「的中レース数」「レース的中率」「総買い目数」
「平均買い目数」「複数的中レース数」「回収率」
「最高獲得配当」「最低獲得配当」「平均獲得配当」
これらに加え、
・軸として指定した馬の
 「着別度数(該当数)」「勝率」「連対率」「3着内率」の表示
・指定した条件の表示

☑ レース当日のデータ表示

レース当日出走前であれば、
指定した条件の該当するレース、買い方が表示されるため、
そのまま表示された買い方で馬券を買うことが出来ます。

☑ 細かな改善

・検証条件に1レースも該当しなかった場合「該当レースなし」表示
・「レース条件を決める」「買い方を決める」に
 それぞれ項目リセットボタンを追加

以上がコラボシミュレーターの詳細です。

実際に操作してみないと分かりづらい部分あると思いますが、

使ってみると本当に色々なデータを調べることが出来るので思わぬ発見も多々あります。

是非、手にとって実際に使ってみて、

コラボシミュレーターの価値を感じてみてください!

ご利用はコチラ↓
【 コラボシミュレーター 】

次回の北条ブログでは、どんなデータが調べられるかを

より詳細にお話していきます!

それでは今日はこのへんで。

以上、北条でした!

※今日お見せしたコラボシミュレーターの画像は開発中のものになるので、

公開の際はデザインが変更になる場合があります。