函館スプリントステークスの振り返り

どうも北条です。

荒れる荒れると予想した
函館スプリントステークス

そんなに荒れない。

コラボ@指数でいえば、
3着まで上位6位で決まっているので、
むしろ普通に的中狙える範囲でした。

三連単配当
2016年:397,650円
2015年:944,140円
2014年:872,270円

この流れできたら荒れると思うでしょ。
ここ数年の傾向はいったいなんだったのか。

結果です↓

【  安田記念 】

1着:08番 ジューヌエコール(指数6位)
2着:03番 キングハート(指数4位)
3着:04番 エポワス(指数3位)

先日私がボヤいたブランボヌールは残念ながら9着。

過去の指数の傾向から勝率の高い2・4・8位

10番 シュウジ(指数2位)
3番 キングハート(指数4位)
13番 ブランボヌール(指数8位)

キングハートにしておけばよかった。
候補には上がっていましたが残念です。

ちなみに過去のレースでは指数1位の勝率が0%でしたが、
やっぱり1位は飛びました。

所詮、結果論ですが、
1位を除いた指数2~5位のBOXで買っていれば普通に的中したし、
利益も結構出るレースでしたね。

荒れるイメージが強かったので、
私は上位馬でのBOXは買えませんでしたけど・・・。

データで予想する以上、ある程度は確率の要素も入ってきますので、
どうしてもこういうケースも出てきます。

気を取り直して来週の宝塚記念でまたデータ集めてきます。

春のG1最後のレースなので盛り上がっていきましょう!

それでは今日はこのへんで。
以上、北条でした!