北条のCBC賞予想!

どうも北条です。
先週でG1も終わり、今週から夏競馬の時期となりました。

9月まで続く今年の夏競馬で結果を残すためにも、

今日から傾向を把握していきましょう。

本日、夏競馬一発目の予想は

CBC賞

まずは指数から見ていきましょう↓

【コラボ@指数】

中京11R CBC賞(G3)
発走 15:35

馬番 馬名 コラボ@指数
オメガヴェンデッタ 44
ティーハーフ 17
メラグラーナ 15
アクティブミノル 48
オウノミチ 65
ラインスピリット 49
シャイニングレイ 23
ナリタスターワン 53
トウショウドラフタ 35
10 アリンナ 43
11 スノードラゴン 39
12 アルティマブラッド 31
13 エイシンスパルタン 23
14 セカンドテーブル 50
15 タイムトリップ 23
16 メイソンジュニア 37
17 ラヴァーズポイント 57
18 トーセンデューク 15

こんな感じです。
指数、人気ともに1位は3番 メラグラーナ
ですが、コラボ@指数では指数1位がもう一頭います。
18番 トーセンデューク
人気では10番人気とかなり人気薄が気になるところです。
他にも2番 ティーハーフなど人気と指数順位に開きがある馬がちらほらいますので、

予想の際には注意が必要です。

続いて過去3年の指数を見ていきましょう。

2016年 7月3日(日)
中京11R CBC賞(G3)

1着:11番 (指数2位)(3番人気)
2着:07番 (指数11位)(7番人気)
3着:05番 (指数7位)(2番人気)

2015年 7月5日(日)
中京11R CBC賞(G3)

1着:06番 (指数1位)(2番人気)
2着:07番 (指数5位)(1番人気)
3着:13番 (指数9位)(3番人気)

2014年 7月6日(日)
中京11R CBC賞(G3)

1着:11番 (指数4位)(4番人気)
2着:08番 (指数2位)(3番人気)
3着:16番 (指数9位)(10番人気)

やや荒れている印象ですかね。
過去3年の上位3着全9頭中、指数6位までの上位馬は5頭。
半分近くが指数下位馬ということを考えるとやや難しいレースではあります。

次は過去10年の人気データを見てみましょう。

【人気データ】
人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 2- 1- 1- 6/ 10 20.0% 30.0% 40.0%
2番人気 2- 2- 1- 5/ 10 20.0% 40.0% 50.0%
3番人気 1- 1- 4- 4/ 10 10.0% 20.0% 60.0%
4番人気 3- 1- 0- 6/ 10 30.0% 40.0% 40.0%
5番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
6番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
7番人気 0- 4- 0- 6/ 10 0.0% 40.0% 40.0%
8番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
9番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
10番人気 1- 0- 1- 8/ 10 10.0% 10.0% 20.0%
11番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
12番人気 1- 0- 1- 8/ 10 10.0% 10.0% 20.0%
13番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
14番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
17番人気 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%
18番人気 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%

1番人気の勝率が悪い。
連対率、複勝率も悪い。

大体1番人気ってなんだかんだ言っても他より一番高い数値ではあるんですが、

勝率では4番人気、連対率では2・4・7番人気、複勝率では3番人気が最も高いです。

このレースに限ってはあまり1番人気を過信出来ないようです。

最後に夏競馬の傾向ということで、
7・8・9月のG3指数データを見ていきましょう↓

【7・8・9月G3指数データ】
指数順位 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1位 18- 9- 11- 41/ 79 22.8% 34.2% 48.1%
2位 12- 8- 6- 45/ 71 16.9% 28.2% 36.6%
3位 5- 8- 7- 52/ 72 6.9% 18.1% 27.8%
4位 7- 3- 9- 48/ 67 10.4% 14.9% 28.4%
5位 7- 11- 5- 51/ 74 9.5% 24.3% 31.1%
6位 7- 9- 1- 53/ 70 10.0% 22.9% 24.3%
7位 4- 5- 5- 52/ 66 6.1% 13.6% 21.2%
8位 3- 4- 3- 58/ 68 4.4% 10.3% 14.7%
9位 2- 2- 5- 63/ 72 2.8% 5.6% 12.5%
10位 2- 3- 1- 63/ 69 2.9% 7.2% 8.7%
11位 2- 3- 4- 58/ 67 3.0% 7.5% 13.4%
12位 0- 0- 6- 56/ 62 0.0% 0.0% 9.7%
13位 0- 3- 2- 50/ 55 0.0% 5.5% 9.1%
14位 0- 2- 1- 45/ 48 0.0% 4.2% 6.3%
15位 1- 0- 2- 38/ 41 2.4% 2.4% 7.3%
16位 0- 0- 1- 32/ 33 0.0% 0.0% 3.0%
17位 0- 0- 1- 11/ 12 0.0% 0.0% 8.3%
18位 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%

やはり指数1位の勝率がやや悪いです。
基本指数1位ってだいたい勝率が30%弱くらいなんですが、
夏のG3に限っては22%
大分落ちますね。

人気データでもそうでしたが、
指数順位1位、人気1位の過信は禁物です。

逆に夏のG3で勝率が高い(普段よりは)指数が4・5・6・7位です。

普段よりは高いという意味なのでもちろん指数1位より勝率は落ちます。
期待値的に普段よりも高いので相手などに選ぶといいでしょう。

予想はやや難しいとは言いましたが、
確率的な話で言え5番人気以上が1着になる確率は高くありません。
過去10戦で5番人気以上が来たのが2回だけですからね。
3着内までみれば8番人気以上もほぼないと言えます。

あくまで確率の話ではありますが、
コラボ@指数で言えば十分6位以内の上位馬で勝負出来るレースにはなるので、
データを参考に是非予想してみてください。

それでは今日はこのへんで。
以上、北条でした!